ブルガリアから帰国し、ずいぶん時が過ぎてしまいました…。
せめて作品の画像を載せねば!!!
Img_9c6eee9d3efce59b7efeee7114e158b1
Img_3ce4a5deb6e610c51de4a0abf63c7bce
Img_2d17440dea0094efa53140c0dc28bbbd
Img_01a66851e34c0d2a438c3b4c103d2155
Img_2175c447e6f6ad8a5ddae77b179e20c5
Img_1b8aa2ebac4f298a69c159dd052147c8
Img_1608e6344c5af7055250a8469a186c65
Water Tower Art Fest 10th Anniversary に参加するにあたり、
公益財団法人野村財団様から団体として助成金を頂戴しました。
また、中之条海外交流事業の一環としてもサポートして頂いています。
そして某企業様から私個人へのご協賛を受けるため、現在調整中、
整い次第またご報告させて頂きます。

約11ヶ所の会場にて世界各国から80名程のアーティストが参加しこの芸術祭を盛りたてました。
私が参加する事になった経緯は、昨年参加した中之条ビエンナーレ2015です。
アーティストとして参加していたNia Pushkarova と出会い、後に彼女がディレクターを務めるWTAFに招聘して頂きました。
私のほかに藤原京子氏( (Click!) )、山口貴子氏( (Click!) )、YORIKO氏( (Click!) )と共に招聘されました。
中ビ参加作家である山口貴子氏が2013年に単独でWTAFに参加し、2015年にニア氏を中之条に呼び、ここまでつないでくれました。
Img_42a812796d7daf25017b70ac6a0f5377
制作風景。Photo by Galya Yotova
今までになく順調にゆっくりと制作する事ができ、こんなにも精神的、肉体的に余裕のある制作は初めてでした。
作品も違う国の方々に受け入れて頂いているのがダイレクトに伝わってきて、とてもうれしかったです。
Img_9537aad243764b6f467305dce69efda2
展示会場 Fabrica126
私の展示会場でのオープニング。
様々な箇所でパフォーマンスが行われ会場内を駆け巡りました!

そしてこの芸術祭は国営テレビ、ラジオ、新聞、雑誌など100以上ものメディアに取り上げて頂いたようです。
そのうちのひとつ下記リンクにて、Fabrica126での様子がご覧いただけます。

 (Click!) 

みんなのアイドル、YORIKOちゃんが詳細なブルガリア日記を綴っています。
彼女の視点で私たちのソフィア生活がよくわかりますのでよろしければこちらもご覧下さい。
 (Click!) 

彼女はいま、新潟県にある「越後妻有 大地の芸術祭の里」
2016年夏の企画展「水あそび博覧会」にて大活躍していまーす!!!