Img_4597c3718eb0d3578673b09da551ab5d4b0ec1a7
中之条ビエンナーレ 2011 旧廣盛酒造
こんな感じで展示しています。
大きなパネルに描いたエンコウスティック(蜜蝋画)と、
紙にマーブリングしたものをハニカムボードに貼って、その上からエンコウスティックで描いた
もの。

会場にいると、近所のおじぃちゃんやおばぁちゃんが続々と見に来てくれる。
他の地元の方々や来場者の方、他の作家さんともたくさんお話ができて
なーんか楽しいな。

今週末は台風が来てしまって、ビエンナーレ会場が閉鎖されてしまい。
町のみなさんや、作品や色んな事が心配。
大きな被害が出ない事を祈るばかりです。

来週末は中之条へGo Go!
作品のメンテナンスと展示の補強をしたり、会場をフラフラしたり、
仲間と笑い合ったり、おいしいもの食べたりする予定。
そうそう、tsumuji 近くの薬局のおじちゃんに、
風邪治ったよーってお礼を言いにゆこう。
Img_5db2041f1d4ec6c6bc2369df62e0f96a241ad55b
Img_5fea28b8f16914cd6e8da34de6027dfea477bbb6
中之条ビエンナーレ2011 旧廣盛酒造 階段
Img_6d3b8f6613c14a792ae075940e586a5848da3450
階段部分にも展示しています。
17日のアーティストトークは無事終了。
時間を共有して下さった皆様、ありがとうございました。
きんちょうしたなー、マイクを持つ手がブルブル震えて、
止めようとしても止まらなくて、
そんな自分にウケタ。
コンセプトのあたりで耐えきれず
あ″ーーーーーってなって、深呼吸してみたり。
緊張するタイプに見えないって言われるけど、気ちっちゃいのー。

お客さんも一緒に笑ってくれて
スタッフの方が水を入れてくれて
入り口付近にいた別のスタッフの方は緊張をほぐそうと変な動きをしてみせてくれて
作家仲間は関西弁で!と声をかけてくれて
それでやっと落ち着いて話ができて。
しどろもどろになった部分もあったけれど、
楽しかったと言ってもらえたので、いいことにしておこう・・・。

このシリーズは制作過程を理解してもらうと、やろうとしている事への理解がより深まると思う。
制作過程を撮影して会場で流すというのをやるべきだったな。
次回に持ち越しですね。
Img_182e48a61985d8ec78cfe9d1db24f9dea74e92ab
旧廣盛酒造 トイレ
Img_b13dd79c0b9cf21c7705df27caf3b2218dd2ec0f
通運ビル1階 SHOP
もうすっかり秋の気配。
2度目の3連休が始まり、中之条に行きたくてしょうがないのだけれど・・・。
個展が控えているので制作をしなければっ!
4日前に帰ってきたのに
もうみんなに会いたいし、ジョンソン食堂もtsumujiも恋しい。
終わりに近づいてきてると思うとすごく寂しいな・・・。

中之条に行くと色んな人に会うので、すぐ立ち話が始まってなかなか前に進めない~。
で、時間がある時は会場にいてお客さんとお話をする。
話が弾んで気付けば30分位経過していた事もあった。
多い時は1日で450名もの来場者。
いろんな人がいて楽しい。
そうそう、こないだ小さなお子さまが、入り口からまーっしぐらに
私の作品に突進して両手でベタッとタッチして満面の笑みを浮かべていたが、
あーっ!と言う間もない位の勢いであった。
びっくりした・・・。
ちなみに、私の作品にはお手を触れませぬようお願い致します。

会場にいると老若男女入り乱れ、私が話しかけると熱心に耳を傾けてくれる方もいるし、
感じた事を伝えてくれる方もいる。
そういう時間は大切にしたい。
作品や作家との出会いが誰かのなにかのきっかけになればいいなー。

画像はトイレ空間で、他の作家さんとのコラボ。
通運ビルShop(中之条駅をでて右手のビル)では小作品を販売しています。
黄と赤いのはお買い上げ頂きました。
お持ち帰り頂いたそこのあなた、本当にありがとうございました!!
Shopには小作品1点とミニカードを追加しましたよー。

過去に戻りながら日記更新中 つづく。
Img_124f4d88bb28c468b12aee984eb1cea3252fd9c4
Artist talk の様子  撮影:入野陽子
昨日は一日中、蜜蝋と樹脂をトロトロにとかしてメディウムをつくった。
双方の分量を変えて試しては記録をとる。
なんとも地味な作業。

アーティストトークのとき、山重ディレクターに
なんでこんなに時間も労力も必要な方法でつくるのかと聞かれた。たいへんでしょー?って
確かに。
メディウムや絵具を作るのも手間がかかるし、臭いし、夏は暑くて冬は寒い。(換気が必要なので)
現場で制作していた時は、ガスバーナーとかホットプレート、
電気コンロの熱に囲まれて暑さとの戦いだった・・・。
だけど長い間、みつろうという素材と向き合ってきたし、画面を溶かしたり削ったりしていると
ハッとするような美しさに出くわす。
それで最後に立ちあがってくるものを、だれよりも私自身が見たいのだと思う。
そういう原動力なくしてはやれないなぁ。

ちなみに今が制作のベストシーズン!
ちっこい作品制作ちゅう。
これまた楽し。
Img_f38692b49c5aa320d5daa17d45090749ba45146c
3連休+月曜。家に籠りっぱなしで制作。
10//11-16の東京個展(ギャラリーKINGYO)では
中之条ビエンナーレで出展している作品を展示する予定だけれど、
何点か新たに描いた作品も展示する。
いまつくっているのは、小さな小さな作品。
なかには手の平に乗るぐらい小さなものもある。
なんか最近は"平面です”と言えなくなってきている。
作ってる工程も削る作業が多いし半彫刻のよう。
画像のは箱型の土台に薄い層で作っているのだけれど。
このサイズかわいいなー。
手にとると、ちいさくてきれいな石を拾いあげた気分になる。
きゅっきゅっと磨いてピカピカにしたら宝石みたい!
あまりに小さいと削る作業がけっこう難しくて手間もかかるけど、
たくさん作りたくなって、
やめられない止まらない状態になりつつある…。
展示の構成をちょっと修正。
宝物さがしコーナー作っちゃおうかなー。
わーたのしー。
Img_f079f037fc919e03e039d06603f26a6ec7a1f834
ヌガーにキャンディがはいってるみたい。
なんかおいしそうでしょ?
意図したわけではないのだけれど。

ペロっとしたり、ガブッとしやしないか。
ちいさなお客様。

けっこう作品の数が増えてきたので、すこーし息継ぎできるかな。
むしろ作品を削る(減らす)事も考えつつ
なんとかベストな状態に持っていこう。

小さなパネル9枚をギュッと並べてひとつのイメージにしようと思っていたのだけれど、
なんだか途中でつまらなく思えてきて、ワクワクしないのでやめる事にした。

違うパターンで。
ぎりぎりまでつづく。

日々ビエンナーレ関係のメールが入る。
友人だったり、ビエンナーレを見た人だったり。
もうすぐ終わってしまうスペシャルな美術祭。
さみしくてさみしくて、どうしましょ。
クロージングパーティは楽しみなのだけれど・・・。

東京個展にみんなが来てくれる事を願いつつ。
引きこもり7日目突入~。
もう少し踏ん張ろう。

あー。
でも今週末みんなに会える事を考えると楽しくてうれしくてしょうがないんだなこれが。