Img_d0faeca0b00fe1f39ca9831548896ceb62dc4163
中之条ビエンナーレが終わってしまい、思い出話を書きたいところだけれど、
個展が近づいているので、しばしおあずけ。

引き続き制作ちゅう。
また朝になってしまった・・・。
かれこれ14時間位制作してる感じかな。
メディウムがすぐなくなってしまう。
トロトロとかして型に流し込みまた溶かして絵具をつくる。
残りわずかな蜜蝋ちゃん、なんとかまかなえますように。

いまのところ、すごくちっちゃいのと、まぁまぁちっちゃいの、と、
そこそこ大きいの。あわせて12点できた。
大きいので蜜蝋と時間、使いすぎたなー。
蝋をたくさん使ったので作品が重いよ~。
ギリギリまで作る事に変わりはないのだけれど。
さてどんな展示会場になるのやら。


Img_fe7e51587ff1c9bb90780e855ed6ca4bb3ea29de
Img_fca39b4516c4b1a8b0aa165157a40605db2fc06c
うぁー、ホッとした。
無事に搬入終了しました!
たぶん今年最後の展示。
昨年末から展示が続いていたので今回の搬入を終え、
これまでの様々な心配事やプレッシャーから解放されて眠いのにひとり飲みしております。
いい気持ち~。

中之条ビエンナーレのスペシャルトラックにて運び込まれた作品。
事務局の唐澤さん&公式ガイドブックの撮影をしてくれた宮本さんが群馬から届けてくれました。
みてみて、私のテンションあがってる写真。
おててつないではいポーズ!
唐澤さん情報によりますと、ギャラリー近くの路上でトラックをf駐車していたところ、町の人が声をかけてくれたそうです。
中之条ビエンナーレ来てくれたって!
廣盛での私の展示も見てくれたって!!
うれしいな~~~。
上野ー谷中では只今アートリンクを開催ちゅうでして、いろんなアートイベントが開催されています。
 (Click!) 
おでかけ頂けると幸いです。

旧廣盛り酒造では暗い空間での展示でしたが、ギャラリーKINGYOさんでは自然光がたっぷり入る明るい空間です。
中之条とはまた違った雰囲気になっていて、爽やかな風が吹いたように思います。
明日からの在廊で、たくさんの人とお時間を共有できればとってもうれしいです。

お気軽にお立ち寄りください、ギャラリーにてお待ちしております!!

ギャラリーKINGYO
 (Click!) 
Img_672ae567139e464df3ddc41a22b04de909247d7e
いそがしいいそがしい。
個展初日はいいお天気で会場にはあたたかな日差しが降り注ぎとても心地よかった。
ずいぶん前の作品からご覧頂いているお客様や作家仲間、友人、
中之条ビエンナーレのお仲間が続々と訪れてくれたくさんお話をしました。
中之条での展示を見て下さった方々が一様に口にされるのは
廣盛りで見たのとは違った印象に見える
との事です。
私自身、暗いあかりの酒造の中、色がよく見えない状態でずっと制作をし、
その作品を明るい場所に持ってくるのはとてもとても不安でしたが、
いざ自然光のたっぷり入る会場に設置してみると、
また違ったなにかが吹き込まれたように思えます。
やはり絵画は空間と共にあるのです。

廣盛では他の作家さんとの兼ね合いもあり、空間構成を考えて、
かなり照明を落とした状態で展示していました。
それはそれでよいのですが、
やはり光量が少ないと視覚で感じる色数は激減します。
そういったことも影響して違う印象を与えるのだと思います。
同じ作品を違う場所で展示できて、これほどうれしいなと思った事はありません。

昔からのつながりも変わらずつづき、新しく縁を結んだ中之条仲間が足を運んでくれて、
相互につながってつながって。
つないだ手は離さないはなさない。

画像はこの後居酒屋になだれ込んだ中之条仲間。
左から富樫智子さんSmithさん高橋けいこさん。


ギャラリーKINGYOさんのBlogにも紹介して頂きました。
 (Click!) 
Img_5e7ecc6bd3a6672f1e368139f6fbcf677ea35778
17時までです。
お待ちしております!
日記もまともに更新できませんでしたが・・・
もうヘロヘロですが
どうぞよろしくお願いします。
今日はかけごみぐみがたくさん来てくれそうです。
どうぞお見逃しなく~!
Img_3260ff4a7a5480d3e95bb01a745a2e6930bbfd7e
Img_957814d63effb844df4738f4ae7083cb32993a70
東京個展終了致しました。
お越しいただいた方々をはじめ、ご協力頂いた皆様ありがとうございました!
毎日、たくさんのお客さまで賑わっていました。
こんなにも人がとぎれなかった個展は初めてです。
たいてい、1、2日はゆったりと過ごす日があるのですが、
今回は3年ぶりのギャラリーKINGYOさんでの個展とあって、
昔から来て下さっているお客様や、友人、作家仲間、英会話仲間、
今夏出会った中之条ビエンナーレ関係の皆様が大集合ーーー。
すごかった・・・。
ひとりひとりお話をしたかったけれど、それもかなわず、オロオロするばかり。
この機会に新しい出会いのあったお友達もいたようなので、それはとてもうれしい事でした。
本来ならきちんとお礼を言わなければならないのですが、
ひとまずこの場にてありがとうございますと言わせて下さいね。

ありがとうと何度も何度もいわせてもらえた1週間でした!!
Lovely!!
Img_ad6902990d7d83017c15af41d4cdd823bbc8393d
PEPOMO(アダム・スミスさん&高橋佳子さん)
Img_27afb545a693d1917c266b5eb596a1ff8acfd2b3
PEPOMOさん、オーナーさん、寺田忍さん、canaちゃん
さ、思いだしてみよう~。
初日の書きそびれからスタート。
会場オープンしてすぐになじみのお客様や作家のさとう陽子さんが来て下さった。
じっくり鑑賞してくださり色々なことばを頂いた。
そうこうしてるうちに中之条ビエンナーレ作家の藤井達矢さんが来られた。
藤井さんは関西在住の方で西宮船坂ビエンナーレの総合ディレクター。
中之条の沢渡ギャラリーでの作品撤去の後、関東経由で戻られる際に来て下さった。
そして、なんとビエンナーレのスタッフでもある関崎さんが(中之条在住)
たまたま東京におられ、私のツイッターを見てきて下さった。すごい。

その後、グループ展でご一緒した西野衛さん、寺田忍さん、
ギャラリーのお隣にお住まいの粋で映画好きな榎本さん、
友人のダンサーかなちゃん、ビエンナーレ作家の木村晴美さん、
PEPOMOさん、富樫智子さんが来てくれた。
ま、当然飲みに行きましたとも。

今回ビエンナーレというのに初参加してみて、
素直に感じた事、疑問に思った事を仲間に話してみた。
そういう場があるのはありがたい。
レジデンスに滞在してみて、色んな作家さんとの出会いがあり、
多くの人が金銭的に困窮している事実を実感した。
私の場合は夫が会社勤めなので生活は安定している。
それでも活動費はなんとか自身でまかなおうと必死のパッチ。

みんな朝から晩まで全力で作品を作っていた。
でも多くの人が生活費を得ることはできない。
生活を切りつめて切りつめて制作に関わるものにお金を使う。
入場者数が増えるにつれ、経済効果があがっていると見聞きするとうれしい反面、
作品を作った作家たちはどこか取り残されていく様に思えた。
もちろん、多くの人に見てもらえる機会はプラスだし、なにかしら次へとつながってはいく。
また色んな出会いや経験を得る事ができ、それは何にも代えがたい財産になる。
でもやっぱり、作家が作品作りだけでは生きていくのはひどく難しいという現実と
そんな社会のしくみにじりじりした。
いまさらだけど。
そんなもんだよと受け入れてていいのか。
とそんな事を思ったり。

滞在中に幾度となく町の人に、お金にならないのになんでやっているのか?と聞かれた。
最初はその問いがショックだったけれど、
価値観の違う者同士が接触するのはとても意味のある事だと思った。
なぜなら同じ価値観の人同士で過ごしていると、違う価値観を持つ人を異と捉え、
変だとか、怖いとか、思ったりして排除しようとするのではないだろうか。
毎日毎日、熱中症と闘いながら制作してる姿をみていた人達の何人かは、
なぜだろうと考えるだろうし、そのひたむきな姿を目の当たりにすれば
たとえ理解は出来なくとも少しは歩み寄ってくれるのではないかしら。

色んな人がいて当たり前なのだけれど、それを認めない人はけっこういるからね。
この世界は誰のものでもないのだし。
いろんな生物が棲み分けているのだし。
誰かが誰かの生き方を押しつけちゃーいけないのだよ。
知ることがはじめのいっぽ。
多くの人がやわらかいこころを持てたらいいな。
あまいかー。
って、脈絡のない話になってしまったね。
Img_5a6e0d418fac3dd810de8de0b5354010306d09f1
Img_83eb793387b8e49bfc857e847eb531ff88e4ff16
10/12 ほとんど写真を撮っていなかったのでスナップ写真がなーい。
でもねギャラリーKINGYOさんのblogにてたくさん掲載して頂いています。
 (Click!) 

大学の友人、アートリンク関係者の方々、作家の小林良一さん、金安正臣さん、
中之条ビエンナーレを制覇されたというお客様などなど。
そしてビエンナーレ作家の松枝美奈子さん、高橋準さん、久保田磨美さん(群馬から)が来てくれましたー。

そして二連ちゃんで居酒屋、車屋さんへ。
オーナーさん、小林先生、高橋さん、久保田さん、楽しい夜をさんきゅうべりまっち。
恋愛の話とか小説の話とか議論の話とか。
焦れて作品をみにいくとか。
恋してるみたいとか。
おもしろかったー。
恋愛にはあまりアツくなれないが、
絵を描いてる時はなりふりかまわなくなっている自分を自覚しました・・・。
なーる。
Img_25910c279b71fba566a4b76e22652fb07ef2fd2d
Img_7cdbf457ee060acd477ddb0ea495c6888e7e5bb4
10/13 この日もスナップが・・・。
なじみのお客様や作家さん、ビエンナーレ仲間の松村忠寿さんとふじやしおりさん、
英会話仲間が来てくれました!

ここでちょっと英会話の話。
英語ねー、なかなか上達しないんですがなんとかしたくて、
2つレッスンを受けています。
その一つが、Art Alliance  (Click!) 
アート(西洋美術史を中心に)をとおして英語を学ぶ。
宮本由紀先生には大変お世話になっていて、とーっても素敵な人なのであります。だいすきー。
クラスメイトとも仲良し!
ここのところあまり出席できていませんが単発で受講しています。

もう一つは、ONE'S WORD ONLINE  (Click!) 
Skypeでフィリピンとつないでマンツーマンレッスンです。
ここのオーナーの松岡祐紀さんも素敵な方です!
オンラインスクールなのですが、オーナーさんがフィリピンの先生を招いてくれて
生徒同士の交流も兼ねたパーティーがありました。
それを機にツイッターなどで皆さんと繋がっています。
いつもレッスンの様子をブログに書いてくれるPumpkinpieさんが来てくれましたー!  (Click!) 

で、Art Alliance仲間のみえさんと、ONE'S WORD仲間のPumpkinpieさんがギャラリーで出会って
英語の話をしたりなんかして。
楽しかったな~、お菓子おいしかったです。らぶ。

Pumpkinpieさんはギャラリーお初だったとか。
お友達がやってるからとか、そんなきっかけで来てもらえるのもうれしい。
画廊って敷居が高いとか、絵を売りつけられやしないか、
という恐怖で気軽に入れないっていう人けっこういるんですよね。
ラッセンとかのせいじゃない?
みなさーん、もっとお気軽に~おこしやす。
Img_ad1ed2731818fd39494aabfcdabaa81dc213f969
Img_7d3de06b8a878ebd27914e9866c79a08edbf9329
藤田さん、坂内さん、オーナーさん
10/14 ずいぶん前にクロッキー会に参加していたことがあるのだけれど、
その時のモデルさんがみにきてくれておもしろいおもしろいと言ってくれた。
はて、何年ぶりに会ったのだろう。記憶が・・・。
その後もとぎれることなく、作家の半沢清次さん、寺島夕季さん、
ビエンナーレ仲間の熊谷雅さん、藤田達樹さん、坂内美和子さん、イグチトシオさん、
本多絵美子さん、中之条国民宿舎ゆずりは荘の綿貫尚さんが来て下さいました!びっくりした!
ほんとに続々と、懐かしいというほど時間もあいていないので、
群馬から東京に場所が変わっただけでメンバーがほぼ同じという奇妙な感じ。
たのしくてうれしくて。
ちなみにギャラリーのブログにたくさんスナップ写真を載せてもらっています。こちらもどうぞ。
 (Click!) 


それにしても皆さんにはほんとに良くしてもらったなー。
そうそう藤田さんはわたし同様、中之条に長期滞在されていたのでとてもお世話になりました。
連日のシャワーに耐えきれなくなった私を雷鳴轟く豪雨のなか大塚温泉に連れて行って下さったり、
すぐに汚れてしまうレジデンスの炊事場をきれいに保とうとして下さったり。
後半、制作の様子を見に来て下さったこともありましたね。六合にも連れて行ってくれた。
おだやかで冷静で、いつも優しくしてくれました。どうもありがとー!

この日は日本橋で展示した時からのお客さまも来て下さいました。
夕方には高校の友人が旦那様と共に来てくれて、作品を買ってくれた。
う、うれしい。
実はこの作品(事務所のスペースにこっそり展示してました)、
昨年別のギャラリーで展示した時から気にいってくれていて、気になっていたそうな。
彼女のもとに収まる事になってしあわせ。

その後は夫と合流し飲み~~~。
楽しかったよー。
そんななか、
私、滞在制作ってすごくあってる!!
と言ってみた。
その勢いで
いつか海外レジデンスいきたいー!
とも言ってみた。
彼は、でたでた~と笑ったあと、
でも、中之条でのこと、転機がきてるんだと思った。
と言ってくれた。
すごく楽しそうで生き生きしてたそうな。
なので、いんじゃない。
と思ったそうな。

やっぱりみる目あったなー。
どっちが?
もちろんわたし。

これでも家を空けるときは罪悪感でいっぱいなのだけれど、
彼は彼で一人の時間を楽しんでるそうです。
あれ?誰にいい訳してるの私?
作家とかいってるけど
わたしはごくごくふつうの人ですよ。
たぶん。
そのはず。
Img_227301aff5d5bf2aa72114585035470e74219b96
Img_333852f1322647d68f5f6cdebd59f5907f55f257
志村陽子さんと共に
10/15 この日は以前通っていた四谷アート・ステュディウムのゼミ生や、
作家の松下誠子さん、駒形克哉さん、杉原民子さん、内村直生さん、アラン・ウェストさん、
中西晴世さん、露木洋介さん、ビエンナーレ作家の清水総二さん、志村陽子さん、
ART BEATをご覧になって来て下さったお客様などでにぎわいました。
この日も、タイミングが重なってしまいオロオロ。
色々な作家さんから励みになるお言葉を頂いたな~。
ギャラリーにいるとダイレクトに感想など聞かせてもらえるので楽しいね。

志村陽子さんはなんと山梨からサプライズで来て下さった!
中之条では何度も車に乗せてもらったり、一緒にホタルをみにいったりして、
たくさんたくさん思い出ができました。
来年はイグチトシオさんとご一緒に山梨で展示されるそうなので、
その時はぜひお伺いしようと今からワクワクしているのです。
清水さんは違うレジデンスプログラムにこれから行くぞーっという前に来てくれた。
素敵な作品が納められたファイルを見せてもらって大満足、どうもありがとー。

なんか身内しか楽しめない日記になってきていますね。
と言いつつ、ついでに業務連絡。

中ビ仲間で忘年会しようね。
が、いつのまにか
嶋津さんちで忘年会するんでしょ?
って、なっててびっくらこいた。
ないない。
それはないからねー。
居酒屋さんでやりましょう。
だから、みんなー忘年会費をためておくようにね!
ニコニコ現金払いだよ!!
Img_b2dfc384c94503904087e9461da40ca83f710f5f
西嶋さん、大石さん、入野さん、桑原さん、私、   山田さん、有田さん
Img_d84afe78d89799079a37bdd2d6ee1c8028e2667a
祭りのようなにぎわい
Img_39304bfc2444ae5bfe0ef096aeea575dd8eb18d7
おーちゃん一家
10/16 祭りだ祭りだ最終日ー!
あー、もうねーこの日はおもてなしが一つも出来なかったんじゃないかと思うくらいのお客様でした。
朝一番、初めて来て下さったお客様が本当にじっくりと鑑賞して下さり、
その間に作家の渡辺有智子さんや友人が次々と。
そうこうしてるうちに、中之条ビエンナーレ実行委員長の桑原かよさんがなんと群馬から!
めっちゃうれしいー!
かよさんは私が滞在している間、色々とお世話をして下さり、ほんとに感謝の言葉しかでてこないのです。
中之条に訪れ始めた頃まだ作家さん達もまばらで、右も左もわからない私をいつも気遣って下さいました。

この日来てくれた中之条ビエンナーレ仲間は、村元崇洋さん、山田紗奈恵さん、戸島大輔さん、
大石麻央さん、入野陽子さん、西嶋雄志さん。
作家の花輪奈穂さん、丸橋正幸さん、植野智子さん、有田依句子さん、福嶋美紀子さん、
友人のよっちゃん一家、ひろみー一家、おーちゃん一家、ひでちゃん、きみちゃん、
大学の同級生、なじみ&はじめましてのお客様、みな皆さまありがとうございます。
そういえばこの日も中之条ビエンナーレに行きました!というお客様がおられて、
かよさんがすばやくお礼を述べられてました^^。
もひとつ、中之条でいつもランチしていた〝おてのくぼ″さんからメールがきて、
東京にいく用事があるから、嶋津さんの個展にぜひ行きたいとの旨だった。
残念ながら日にちがあわなかったのだけれど、お気持ちがうれしかったのです。
あのお赤飯が恋しいのよわたし。

それにしても、お越しいただいた皆さんにゆったりと過ごしてもらいたかったのですが
叶わなかった方もいますねー。
ごめんなさいねー!
でもほんとにみんな来てくれてうれしかったよ~!
お友達のJr.たちがすごく大きくなっていてびっくりしたけれどその成長がうれしく。
それと同時に、私の作品も少しは成長しているところを見てもらえたかな?
みせあいっこね。
友人の子を抱っこしたまま、違うお客様に作品のこと話してたら、
作家さん??
ってびびられました。

ちなみに友人のおーちゃんは銀座にワインバーOseiというお店を持っていて、
最高のイタリアンワインと絶品本格イタリアンを提供してくれます。
そしてお店に私の初期の油彩の作品を飾ってくれています。
ご興味のある方はぜひ訪れてみてくださいね。
その際にはご予約を~
 (Click!) 

いやーそれにしても、なんとも楽しい日々でした。
これからも楽しみながらコツコツと制作するのでみなさま末長く見守っていて下さいねー。
どうぞよろしくお願い致します。

はー。やっと個展日記が終わった。
次はビエンナーレの思い出をちょこちょこ記録していこうかな。
とおもっております。

追伸:ブログにお名前を載せさせて頂いた皆様へ
誤字・脱字などございましたら、たいへんお手数お掛けしますがご一報をー。