Img_214305bccd92cc701d5c7eeeaeb6d226
第4回アートアイランズTOKYO
国際現代美術展2014
8月30日-9月14日
9月14日にはバスツアーがあります。
会場の数はさほど多くありませんので日帰りでも大丈夫です。

HPはこちら↓
 (Click!) 

東京の竹芝から高速船に乗って1時間45分。
着岸港は波の状態をみて当日決まります。
元町港か岡田港。
ローカルバスなどでメイン会場へ向かう場合、元町港からのバスなので
岡田港に着いた場合はバスで元町港へ行かないとなりません、20分位です。
Img_6ce7bc8f95b7b101361b09c1839767bb
ローカルバスにゆられていると
観光名所でもある地層断面が見えてきます。
バスの運転手さんが外に出て写真撮ってもいいよと言って下さったのでパチリ。
ヤシの木や野良猫もたくさん見る。
島ですねぇ。
Img_507d3259ef9295203217704837e845d6
Img_d321e483cc6d02026d59fc0676b3fbfa
Img_5d3c8a0c8cd20c5fb8211eaecbecbfef
ここ旧波浮小学校がメイン会場。
多くの作家はここで寝食を共にします。
作品は1階と2階にあります。
チラッとだけのせておきます。
これから行かれる方の楽しみを奪ってはいけません…。

わずかな期間しか滞在できませんでしたが、
お会いした事のある作家さん、
初めてお会いした作家さん、
海外からレジデンスに参加されてる作家さん
それとチェンマイでお世話になった友人にも再会できました。

皆さんにたくさん元気を頂いてすごく楽しかったです!
初めての大島でしたがあいにくのお天気とオープニング前の一番忙しい時に行ったので
ほぼ観光らしい事は出来ぬまま、新鮮なお魚も食べずじまい…何といってもそれが心残り。
けっきょく新島には行けなかったので作品を全部見る事もできませんでした残念!
Img_229964c329b04a5f2ba32d2889fe30a2
唯一、観光らしきことをしたのは三原山の裏砂漠。
海から吹き上げてくる霧が景色も私たちも隠してしまい
こわくて、美しくて、こわくて、美しくて。
所在がわからなくなるような不安。
それと同時に、乳白色の霧に包まれているような何とも言い難い感覚、静寂。
その光景はとても幻想的で、忘れ難い感覚をもたらしてくれました。
Img_d0547eee6475266c124dfbf78f99746a
先週は逗子へ行きました。

ZUSHI ARTSITE 2014
2014.9.20-10.13 10:00-16:00
Art exhibition at Zushi in Kanagawa prefecture.
Paintings, Sculputures, Photographs and Installations.
Director is Tetsuo Yamashige
22 artists.
 (Click!) 
You can enjoy the artworks and beautiful beach.

逗子市で開催されています。
1日でまわれますので、ぜひ!
オススメルートは東逗子駅→逗子駅周辺→黒門→海岸沿いでランチ→蘆花記念公園
もしくは黒門と蘆花記念公園を入れ替えてもイイと思います。黒門で藤井龍徳さんの作品から夕焼けをのぞむのもサイコーです。
蘆花記念公園の会場はちょっとした森なので蚊に刺されないような服装と歩きやすい靴でをお勧めします。
まずは東逗子の旧キリガヤでガイドブックを手に入れてね!逗子駅周辺でも配っていましたよ〜。山もイイけど海もいいね〜〜〜。
Img_4a67b31bbd4d060fb31199b165305237
Img_78d0a6f28daf8184d547972c96e67329
Img_1135a96e2a8bc2a9732dad51b61aa451
書類審査をパスし来年も参加できる事になりました。
1泊2日の会場の下見ツアーへ。
作家さんによっては1日だけの日帰りという方もおられます。
オリエンテーションでは山重ディレクターが一人一人のプランを聞いて下さり、
作家は後日作品プランと希望会場を提出して、その後決定されます。
ドキドキ。

Img_56e4c499b3c0c5ef9af75e012f29cc09
Img_9ee21de00360673cd660f3128db3d579
Img_65da223326f92b113d82c240ebb4fb0f
2011年に会場となっていた、旧第三小学校、旧五反田小学校、中田木材、
大道公民館、冨沢家住宅などが再び会場として加わりました。
その他、新しく加わった会場やなくなってしまった箇所などもあり、
寂しかったり懐かしかったり新鮮だったり。

今度こそ早い段階から制作にかかるぞっ。
と気合いが入る。

中之条ビエンナーレ公式サイトはこちら
 (Click!)