Img_fb9e1f9ecec9e7c9195ac45e4ea60d31
Img_0d48937ce2d390efb82769dfc0d0139b
生野ルートダルジャン芸術祭
2014.11.1(土)-11.9(日)10:00-16:00
会場:兵庫県朝来市生野町口銀谷および奥銀谷ほか
入場料:無料
お問い合わせ:生野ルートダルジャン芸術祭実行委員会(生野まちづくり工房・井筒屋内)
Tel:079-679-4
 (Click!) 

私は旧生野倶楽部の貴賓室用浴室にてインスタレーションを展示しております。
Img_f2877024526e5648325b86bfeee6052f
アーティストトークに参加します。
11/8(土)14:00-15:30 旧浅田邸にて

どうぞよろしくお願い致します!
Img_63cb860009db9a9eb572bec1d8f8e27b
Img_d804aa9e044a4a8c76416976b05b8bf5
Img_10c0e1f7ddaffaa87411af2ce5d8f939
公式ガイドブックより
Img_04a075ea2c495c78fc2f6b27924b6951
旧生野倶楽部 貴賓室用浴室
Img_b46f87911965cf1dc7cd755a458a76bf
美しいカラミ石
地層や鉱物から着想した作品つくりを始めてから4年程たち、鉱山町の芸術祭に参加させて頂き本当に良かったと思います。これまでで一番タイトなスケジュールだったのでできる事は限られていましたが、数日間滞在し、地元の方や他の作家さんと一緒に過ごせた事も大切な出来事でした。次回は地元の方に石や鉱山の事、町の事などたくさん教えて頂いて、新たな作品へつなげていければいいなと思っています。
作品の写真がうまく撮れませんでした…。撮ってくださった方、送って頂けるととてもうれしいです。よろしくお願いいたします!

町の人々がとても親切で個性的な方がたくさんいらっしゃる。一番のりのお客様に、生野に来てくれてほんまにありがとー!と言って頂いたり、道を歩いていると、いらっしゃい!と声をかけてくれる。多くの方は地元を愛し誇らしく思ってらっしゃるのだなと感じました。この町はとてつもないポテンシャルを秘めているように思えてしかたがない。歴史もしかり多様な人々を受け入れてきた町の人々の懐の深さ、町の景観、文化、美しい山、自然、産業遺産である鉱山がもたらした様々な出来事を拾い上げていけば、どれだけ興味深い物事が眠っているのだろう。ここに多くの作家が入ってくればどんな事が起こるのか…作家にとっても刺激的な場所である事は間違いなく、ワクワクがとまりませんでした。

さらに地域にかかわっておられる方々は自主的に色々なアイデアを持ち寄って実践してゆかれます。アーティストトークにもたくさんの地元の方やお客様が来て下さり、正直驚きました。オープニングセレモニーでのバロックコンサートではアーティストの方が皆様もご一緒にとおっしゃると、会場にいたお客様が臆することなく大合唱!素晴らしかったです。
生野の土地と人々の優しさに触れればまたここに戻りたいと思わずにはいられません。そしてこの芸術祭がこの先も続いて行くよう切に願っています。つづく
Img_131126b2f30497e594350c506e09ccf9
神子畑鋳鉄橋
Img_e896b7e4576c586fb3442cc76caf85f9
生野ルートダルジャン芸術祭の立役者でもあるJ-Heritage(産業遺産を記録・見学するNPO法人) 総理事に案内して頂き、鉱石の道(ルートダルジャン)をたどってみました。明延鉱山(あけのべこうざん)で採掘された石は神子畑鉱山(みこばたこうざん)で選鉱され、錫は生野、銅は直島、亜鉛は秋田へと運ばれたそうです。神子畑から生野へ鉱石を運搬するために輸送用道路が必要となり、多くの橋が架けられました。この橋は日本に現存する全鋳鉄製の橋としては最古のもので国指定重要文化財。橋のうしろに見える風景も美しい。
Img_2c4a7609d78d4c158ab2da626ebbdaa5
シックナー
Img_70dcead42247f08014605cccd1d92caa
インクライン(ケーブルカー)
神子畑選鉱場跡、巨大シックナー(非ろ過分離装置)。
10月には1日限りのプロジェクションマッピングが行われました。
もしもここに作家が集まり舞台をつくりあげパフォーマンスが行われるとしたら!?壮大なスケールのものが生まれそうですね…。
何れの場所も強い。
作家は心して挑まなければ場の強さに無残に呑みこまれます。
Img_ce9bffc325426d5c64e4f3727140e0fe
選鉱場近くの集落
Img_2874940a4d3f7db88b82ea0dd0976352
学校の体育館らしき建物
神子畑の強烈な場の力を感じつつ、明延鉱山へ。
かつて明延の山を走っていた一円電車、約600Mの線路に走らせるための資金支援を募って月に一度70Mの線路を走っています。私たちも乗せて頂きました。ガタゴトがたごと。
Img_04e3610a043976f6c698520f3f772111
Img_12e698789772c270b14536e1ba18877d
Img_a67611ba98733d3349b06aff5b1925ba
その後はいざ坑道へ!
暗いよ~怖いよ~すごいよ~~~!興奮しっぱなし。
昔の人は手掘りで掘り進んでたのかと思うと気が遠くなります。
なんとも濃厚なツアーとなりました。
帰り道に竹田城も見る事ができ1日を通してはしゃぎすぎた結果、疲れ果てこの夜は本当に泥のように眠りました。
Img_bc45fb7002846fbba49f6ec089e52ade
Img_cd34f0cc387770342bca2647363ac6f0
Img_aaaff31bef3d24ef19ad8cf95ccef9f1