新年のご挨拶をするには時すでに遅しですが…
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、年が明けてから次の展示に向け制作しています。
展示情報をINFORMATIONにアップしました。
後日こちらのページでもDMをアップする予定です。

エンコスティックの作品を描くため、いつものようにオリジナルメディウムを調合するところからスタート。
WAXと樹脂を溶かし小さな型に流し込んで使いやすいように小分けにしています。
Img_7f166cb70d9941b6c79c03ab000927a9
まずは作品、1点仕上がりました。

サイズ 90×60㎝
使用した蝋絵具  約1.2kg
削り取った蝋絵具 約470g

鍋に入ってる青いのが描いた蝋絵具を削り取ったものです。

現在、2点目 同サイズの制作を始めています。

企画が決まってから開催までの時間が短かかったこともあり、
少し焦っていますが、つくれるだけつくって最終的にどういった構成で展示するか考えたいと思います。
Img_e7bb2e23fac62f79a632e827bb20146a
Img_b093d2125dbfa52540110487c635a20c
WAX WORK SITE vol.14
2016.2.19(金)-27(土)日曜休み
11:00-18:00(最終日17:00まで)

ロウを素材とした3名の作家による展示

アーティストトーク
2.20(土)15:00~

ギャラリー砂翁
東京都中央区日本橋本町1-3-1 渡辺ビル 1F & BF
03-3271-6693
 (Click!)  WORK SITE vol.14
昨日、無事にオープンできました。
私はメイン会場の一階に新作3点、地下のショップには小作品4点と小物を販売しています。
そして、20日15時から他の作家さんとともにアーティストトークでーす。
三者三様のWAXの扱い、表現の違いなどもお楽しみ頂ければと思っております。
どうぞよろしくお願い致します!
Img_2d87e53d3b3525fdc17b2d352757ca59
23日 14時~

25,26 14時~
午後には会場近くにいると思いますが食事に出るので14時以降なら確実です。

27日 終日

在廊予定日、ご連絡頂ければできるだけ会場にいれるよう調整しますのでお知らせ下さいませ〜
Img_e27c2b28a7c503df9d667d0b46ad100c
2月20日のアーティスト・トークには多くのお客様にお越し頂き、ありがとうございました。
お天気が荒れ模様だったので、寂しい感じになるのかな、と思っていましたが用意して頂い
ていた椅子が足りなくなってしまうほどお客様が来て下さいました。

ギャラリーオーナーの横島佳子さんに司会進行して頂き、出展作家の上田靖之さん、
田鎖幹夫さんと共に各々のWAXをどうのように制作に活かしているのかなどお話しさせて
頂きました。
Img_7505948b2203426f5b5cc128df6131ca
まずはエンコスティックてなに?
となるのですが、古代ギリシャを起源としおおよそ紀元前4世紀に発明されたと言われて
います。蜜蝋を主成分とし、顔料や樹脂をまぜて熱を加え固着させるのです。
英語を直訳すると"焼き付ける" とでてきます。
確かに、私はペイントした蝋絵具を主にガスバーナーなどを使用し、再加熱させて下層に
固着させますのでその直訳に沿っているわけですが、それだけがエンコスティックというわ
けではなく、一番分かりやすいのが、顔料のバインダーとしてWAXを利用している場合は
エンコスティックと言えると思います。

※顔料とは絵具のもとになる粉状のもの。

顔料+油      = 油絵具
顔料+アラビアゴム = 水彩絵具
顔料+アクリル   = アクリル絵具
顔料+WAX(+樹脂)  = エンコスティック絵具
Img_b40626c97b24c9870714a7454c3c3b5a
もうすでにWAXを使用して制作されている作家さんや、ご興味を持たれている方々も
たくさんいらして色々とお話ができて楽しかったです。なかには遠方からわざわざお
越しいただいたり、熱心にメモを取られている方もいました。

展示は27日(土)17時までです。
お見逃しになりませぬ様、よろしくお願いいたします。