もうすぐ搬入。

清里現代彫刻展の締め切りが近づいています…。
いままさに山場。
厚みのある土台にマーブリングした紙をはっつけ、
あとはエンコスティック(蝋画)で。
WAXの消費量がすごくてコワイ。
大きい画面にマーブリングを施そうと思うと水溶液(糊のようなもの)もたっくさんいるし、
紙に定着液を塗布したり、いろいろと準備が大変。
そして色味は何度も何度も試します。

今回は水面にインクを散らす道具もストローで自作しました。
模様はうまくいったのに、紙があまりよくなくてきれいに転写できず無念のやり直し…。
何枚つくったか数えてないけれど丸2日こればっかりやっていました。(準備を含めると3日)

何枚かをつなげる。
境目が自然にみえるように色鉛筆で描く。
何箇所か他の部分も色を描き加えたり。
これらの画像は少し前に撮ったもので、現在の制作状況はかなり進み山場を迎えています。
予定よりかなり遅れてしまい中之条の作品がまだ手つかずという恐ろしい状況ですが、
とにかく、清里の作品を完成させなければ前には進めない~。
搬入は今月末!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です